keyboard_arrow_up
UFO手帖5.0
visibility_off プライベートURLを表示
 私も参加している「UFO手帖5.0」が届いた。  今回、一番目を引いたのは有江富夫さんの戦後の雑誌の中のUFO記事の目録。私も「乗り物とUFO」なんていう記事を書いている事もあって、「UFOはどんな乗り物と関連付けられたか」に興味がある。特にETH以外だけど。  一部は入手したりコピーさせてもらったりしているが、泥の海の様相なので、もう、目録だけでも貴重である。  金色髑髏さんの「飛鉢の法 古代のドローン」も楽しかった。まさか私も興味ある「あれ」の話が出てくるとはね。確かに宙に浮くものであるし、よくよく見ると支えている糸状のものが見えたりするので、UFOと似ていると言える。  さてさて「泥の海」と言えば、UFO泥の海の中の激レア本、「岡山に出現したUFO」をなかねくんさんが入手した話を書いている。あの、宇宙人から自動車で追いかけられた女子高生の出てくる本である。そして、「おれっちはUFOを見た!」も一読の価値あり。  フラモンさんは今回は「プロジェクトUFO」が出てくる。この番組、ミニチュアも結構気合が入っていて(小学生の思い出)好きだったなあ。フラモンさんは出てこないのだが、我々のような変な宇宙人好きとしては「宇宙人のくれたパンケーキ」という素敵なエピソードがあることで知られる。  花田さんのブラジルUFO本、ブラジルUFOは妖怪変化のような様相であるが、ブラジル人は意地でもUFOという言葉を使いたくないらしい事が笑える。一番面白いのは「チュパ・チュパ」ではなく「シュパ・シュパ」らしい。となると「シュパ・カブラ」が正しいのか。  雅さんのブルーブックもつらいよ。今回は偶然羽田空港事件も出ている。具体的な形状描写もある。結構面白いね。  特集は私には今回ちょっと難しかったかな。
keyboard_arrow_down
settings_ethernet
insert_photo
create
done